PSVRが欲しい・・・が、全然買える気配がない_| ̄|○

どうも、PSVRを欲するぶらっくここあです。

うーん、何度もチャレンジしてはいるんですけど、買えないんですよね。

これが。

バイオハザード7がやりたくて仕方ないんですが、本気で買えません(;´∀`)

PSVR

全然買えないPSVR

皆さんご存知、ソニー・コンピュータエンタテインメントが販売しているPlayStationVRですが、品薄で全然買えません。

一応、去年、発売日にソニーストアで注文しようとはしたんですが・・・

 

「アクセスが集中しております。しばらくお待ち下さい」

おぅ(*´Д`)

全然、ページが表示されねぇ・・・

 

めげずにリロードを繰り返すこと5分。

お、なんか表示されたΣ(゚Д゚)!!!

 

「予定していた台数の販売を終了しました」

 

ガーン_| ̄|○ il||li

 

これまで何度か挑戦はしているものの、結果は同じでまったく購入できそうな気配がありません(´・ω・`)

一応、ネットの情報によると先着販売の店舗で前日から並べばほぼ確実に手に入るそうですが、そこまでする勇気と体力がないのでまだ実行していません。

 

品薄商法かと思いきや・・・

最初はですね、

「どうせ今流行りの品薄商法なんでしょ。

品薄を話題にしてニュースにしようって魂胆なんでしょ」

と思ってたんです。

だから、2016年のクリスマス頃になったら潤沢に供給されて品薄は解消されるに違いないだろうとタカをくくってたんですが・・・

 

クリスマス過ぎても品薄が解消されることはなく、相変わらずネットで注文しようとしても「読み込み中」から進まず、5分で完売してしまいます(^_^;)

2月になっても状況は変わらず、全然手に入る気配がありません。

ここまで品薄にするメリットは何もないはずなので、本気で生産が追いついてないのだと推測されます。

 

ソニーストアで体験して衝撃!

実はテレビ周りのオーディオを新調しようかと、今年に入ってからすぐくらいにソニーストアにいろいろ物色しにいったことがありました。

結局、購入を考えてたソニーのサウンドバーは現在使用しているオーディオセットと比べて音が全然お話にならなかったので、購入しなかったんですが、

ちょうどPSVRの体験に空きがあったので、当日滑り込みで体験させてもらったのです。

超ラッキー!∠( ゚д゚)/

 

どうだったのかというと、もう、すごかったです。

確かに最初は解像度の低さが若干気になるものの、そんなことはすぐに忘れます。

というか、自分がソニーストアの一角にいることすら忘れます

海の中を潜っていく映像を見るやつを体験したんですが、本当に海に潜っている気分になってきます。

深海2万マイルなう、って感じです。

 

最後の方でサメに襲われそうになるシーンがあるんですが、本気で怖いです・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

バーチャルだと分かっていても、走って逃げだしたくなります(笑)

(いや、海の中だから走れないのか)

 

これは文字で伝えようとしても、実際のすごさの100分の1も伝わらないと思うので、どんなもんか知りたいかたはぜひ体験してみてください。

 

次回入荷は3月25日

 

こちらのサイトの情報によると次回入荷は3月25日だそうです∠( ゚д゚)/!

【3/25再販決定!!】「PS VR」を予約・購入できるオンラインショップ・店舗まとめ – 「Playstation VR」を購入する方法

 

こんどもチャレンジしようとは思ってます。

店舗に並ぶ方ではなく、ネットの方を。

今回も熾烈なバトルになるんだろうなぁ・・・

 

多少、金を上積みしても良いのなら、転売屋から買うという選択もあります。

最近は値下がり傾向にあるので、最安なら「定価+16,000円」くらいみたいです。

それでも16000円も高いのかという感じですが・・・(;´∀`)

PSVRの価格推移(価格ドットコム)

 

 

転売屋への批判は的はずれ

そうそう。

余談ですが、「転売屋は利益を貪りよってけしからん!」みたいな論調がネットではよく見受けられますが、僕は的はずれな批判だと思っています。

 

彼らは非常にシビアにビジネスをやってるので、売れない(在庫が回転しない)状況になればすぐに値下げします。

つまり、定価+16,000円で売っているのは「それでも買う人がいるから」です。

 

転売屋からプラス16,000円で買う人は、

  • 販売時間にPCの前で待ち構えてリロードを連打したり、
  • 結局、買えずにがっかりしたり、
  • 徹夜で先着の列に並んだり、

という手間を節約することができます。

 

つまりその手間と時間を節約できることに16,000円以上の価値をみているから、転売屋から買っているだけのことです。

「同じ商品なのに、何万円もマージンを乗せて売るとはけしからん」というのはビジネスを分かっていない人の理屈です。

転売屋はちゃんと「手間と時間を節約する」という価値を提供していて、その対価としてマージンをもらっているのです。

そして「お金を出してでも手間と時間を節約したい」という需要があるから、商売として成り立つわけです。

 

僕にとっては、「需要があるから供給する」という市場原理としてごく自然なことをやっているだけにしか見えないんですよね。

 

加えて、転売屋もこんだけ品薄な商品を仕入れてくるとなると、並んだり必死にリロードしたり、結構な手間がかかるはずですからね。

その労働に対する対価だと思えば、マージンを取ることにも腹は立たないんじゃないでしょうか?

(転売屋を叩いている人たちは、転売屋がそういう地味な労働をしているということに気づいていないのかもしれませんね)

 

 

転売屋を使うのはありやなしや

なんか、転売屋の話でヒートアップしてしまいましたが、今のところ僕は転売屋から買う予定はありません。

(「手間と時間の節約に16,000円の価値を”僕は”見いだせない」ということです)

ただ、商品入荷の前後で転売屋の価格も下がる傾向はあるので、もし「定価+10,000円」くらいまで下がってきたら、転売屋から買うのもありかな、とちょっと思い始めています。

 

それくらいに、バイオハザードやりたいwww

 

ということで、果たしてここあは転売屋に手を出してしまうのか!?

乞うご期待∠( ゚д゚)/

 

 

コメントを残す